House. マスミツケンタロウ×宝島染工 ワークショップ&展示販売会 3.21 wed. -3.25 sun.

この間までの寒さが嘘のように暖かい日が続いています。昨年知人から頂いたトサミズキの花が咲き始めました。淡い黄色の優しい雰囲気です。
外構工事はほぼ終了し、あとは植樹をしたり花を植えたりと、これから園芸部再始動の予定。奥の部屋は工事に入り2週間。壁の下地や床工事などが進み雰囲気がかなり変わってきました。これからが楽しみです。
管理人の私はというと確定申告が終わりほっとしたのもつかの間、助成金の報告書作りや郡役所内の清掃などに追われています。

さて、今日はイベントのご案内です。
大木町の宝島染工さんが展示とワークショップを開催されます。
布や服などの染めの仕事を色んな形で意欲的に展開されている宝島染工さんが郡役所の広い空間を使ってどんな展示をされるのかとても楽しみです。
また、詳しくはまた後日紹介しますが、会期中の23日から25日はすぐそばのこのみ園さんでも「桜小町」というイベントが開催されています。
皆さんも是非お越しください。
以下DMから転載です。

~宝島染工→house →八女郡役所~
2018.3.21(水祝) – 3.25 (日)

今回、造形作家マスミツケンタロウさんをお招きして、宝島で染めた生地や革をマスミツさんにバッグにしてもらうという贅沢な機会に恵まれました。
そしてマスミツさんと宝島染工の往復書簡のような作品たちを、旧八女郡役所にて展示販売することになりました。
さらに春分の日の3/21 (水祝)にはマスミツさんにも八女に来て頂き、肩掛けの小さな革ポーチを作るワークショップも行います。携帯を入れたり、メモ帳とペンを入れたり、お財布にもできる小さなポーチを一緒に。

【ワークショップ 】
日時  3 /21 (水祝) 13:00~
場所  旧八女郡役所
   福岡県八女市本町2-105
参加費  9,000円(お茶・お菓子付)
※要予約 限定 15名
※革の裁断の都合上、キャンセルはお受けできません。
スケジュールをご確認の上、お申込みください。
ワークショップお申込:
email: info_kojin@takarajimasenkou.com

【展示販売会】
日時  3 /21 (水祝) ~3 /25 (日)
   11:00~17:00 (日祝日~18:00 )
場所  旧八女郡役所
    福岡県八女市本町2-105

house (マスミツケンタロウ) 
http://www.house-jp.org/

宝島染工 〒830-0035 福岡県三潴郡大木町横溝2068-1
http://www.takarajimasenkou.com/

近況報告 3.03 sat.

梅の花もほころんでようやく春らしくなってきました。雛の里八女ぼんぼりまつり期間中で、喜多屋さんの蔵開き、おりなす八女では文楽の公演などということもあり、町並みを散策される方も多く、旧八女郡役所にもちらほらお越し頂いています。
今日は、以前お世話になったサントリー文化財団の企画で、財団と関係のある地域のまちづくりを見学するサントリー社員向けのツアーがあり、その参加者40名余りの方が見学に来られ、簡単に建物と活動のことを説明させてもらいました(写真を撮りそびれてしまいました)。

さて、先日お伝えした外構工事とは別に、北東部分の部屋の工事が始まっています。ここ数日で痛んでいた天井などがきれいになり、今日からは床の作業に入っています。また、左官工事も動き出していて、普段静かな郡役所のそこかしこで作業が行われていて賑やかです。