CHIKUGO ART POT 2017 そーまのたらい展

先日の「土のテイスティング」に続いて、アートイベントのご案内です。

筑後市船小屋の九州芸文館では、「CHIKUGO ART POT 2017 そーまのたらい展」が7月1日(土)から8月26日(日)まで開催されます。

CHIKUGO ART POT というのは、筑後地域の魅力を活かした展覧会を地域と共につくっていくアートプロジェクトです。恥ずかしながら、そういうアートプロジェクトがあっていることを私は知らなかったのですが、担当の方が牛島智子さんのかめのぞき展開催中に来場され、旧八女郡役所の空間を気に入られたことから、このプロジェクトのなかでワークショップの会場として使ってもらうことになりました。

「そーまのたらい展」では、アーティストユニットKOSUGE1-16が八女にもゆかりのある千間土居などの治水工事を行った旧柳川藩の田尻惣馬の逸話にもとづくアート空間を作っていくのだそうですが、旧八女郡役所では逸話に出てくるタライをモチーフにしたレースカー作りのワークショップと、羽犬塚の地名の由来、羽犬の彫刻作品の展示(これを散歩させるのだそうです)の会場です。八女福島では、うなぎの寝床さんにも羽犬が常駐(?)するようです。

詳しくは、九州芸文館のホームページをご覧ください。
http://www.kyushu-geibun.jp/main/3107.html



クリックすると大きくなります

製作途中の画像も送ってもらいましたので一部紹介します。

旧八女郡役所の大きなホールは、今後も色々なイベントで使っていただく予定ですので、随時紹介します。
また、利用希望の方はお尋ねください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です