林泰彦さん(パラモデル)が来訪 9.02 sat.

9月2日(土)、日がだいぶ傾きかけた夕方、4トントラック(ワイドの箱車)が郡役所の前に横付けされ、見覚えのある顔だなぁと思っていると、林泰彦さん(写真左)でした。
会場の下見と作品の制作に使う材料などを搬入するのに来られると聞いていたのですが、まさかこんな大きな車でこられるとは思っておらず・・・。北側の駐車場に車が入らなかったため、西側に車を停め、林さん、アシスタントのTさん、それに不幸なことにたまたま居合わせたとある学芸員のMさんと一緒に手作業で搬入。意外に数量、重量ともにあり、現代アートって結構体力を使うことを実感しました。

ところで、林泰彦さんは京都在住の各地で活躍している現代アートユニット・パラモデルのお一人です。古い建物もお好きで京町家を改修した青春画廊というギャラリー、宿泊、カフェの複合施設を運営されています。以前、ご縁があって改修中の郡役所に足を運ばれ、修理が終わったら展示をしたいということから今回の企画になった訳です。

林さんの展示作業は9月26日に始まり、10月8日にオープニングのトークイベントと懇親会、9日にワークショップを開催することになっています。細かい内容は随時ご紹介します。どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です