NHK 福岡のニュースで紹介いただきました。

2017年3月21日(火)、NHK福岡のニュースで当施設の取り組みが紹介されました。

明治時代に建てられた八女市の旧郡役所が商業施設に生まれ変わり、地元出身の美術作家の作品展も行われています。
八女市にある旧八女郡役所はおよそ130年前の明治20年代に建てられ、おととしから行われた改修工事でこのほど商業施設として生まれ変わりました。
建物には酒店などが入っているほか大ホールではオープンを記念した美術展も行われています。
美術展を開いたのは地元で創作活動を行う美術作家で、八女市をテーマにした絵画や造形作品などを展示しています。
このうち、1メートル80センチほどある人の形をした造形作品は、八女市特産の手すき和紙が表面に貼られています。
また、八女市で生産が盛んなろうそくが描かれた幅6メートルほどのびょうぶも展示されています。
改修を行ったNPO法人の高橋康太郎さんは「歴史的な趣のある建物を空間も合わせて多くの人に楽しんでもらいたい。人が集まる場所になるよう目指したい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20170321/4820931.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です