本の会のこと

旧八女郡役所内の朝日屋酒店では、「本の会」という不定期の集まりがあります。良い本と出会える場、それも本屋や図書館とはまた違った場を作ろうということから3、4人で始めた会です。

私たちは本をとおして世界のいろいろなことを知り、いろいろな世界と出会い、そうした出会いをとおして自分自身と出会います。本の会では、参加者それぞれが面白かった本を持ち寄り、簡単なプレゼンをしたり、自分でテーマを決めて幾つかの本を紹介したりします。これまで知らなかった本や気になっている本についての紹介はとても興味深いものです。また、紹介された本を通してその人とあらためて出会うのも楽しみの一つです。

昨日は10人ほどの参加者で久しぶりに人数多めの本の会でした。写真はその様子です。差し入れのコーヒーを飲みながら夜遅くまでの本の集まりは不思議と心温まる時間です。

今朝、参加者のひとりから「興味関心も本との接し方も違う人たちが集まることの面白さ、そういう場があることの豊かさ。」というメッセージを頂きました。福島がそういう場のある町になればと思います。( T )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です